厚労省が、オミクロンへの感染予防効果なし

子どもにワクチン接種、全国でしているのかと思うと胸が痛みます。具合の悪い子が今も出ているかもしれない。なぜ止まらないんだろう。

3回目やめた方がいいって、説得した人たちも、連日テレビを見ていると、揺らいでしまうよう。毎日毎日、洗脳のためにテレビから流され続けるコロナのニュース。たまに聞くワクチン危ないよは吹っ飛んじゃう。テレビを見てコロナになったら大変だ、ワクチン接種しなきゃと日々上書きされる。

周りにコロナで苦しんでいる人がいるのか聞くといないって、ワクチン接種後に亡くなった人はいるって言うのに、どうして?正常な判断もできなくされているのかな。

ワクチンは怖くないのでしょうか?よっぽど怖いよ。昨日のツイッターのスペースでは、今までワクチン接種で子どもさん6人が亡くなり400人近くの子が学校に行けない状態になっているって話です。これは氷山の一角、隠された子もまだまだいるでしょう。酷すぎる。何もしなければ元気だったでしょう。

打ってもかかるし、うつすのに、子どもたちは、自分がコロナにかからないように、周りにうつさないように打つという。デタラメな情報で、子どもの純粋な気持ちを踏みにじって、狂気の沙汰の思いやりワクチン。

厚労省が言っています。オミクロンに対して二次感染予防はほとんど期待できない。発症予防、重症化予防については、この年代はほとんどエビデンスがない。

子どもたちがワクチン接種をするのは、感染予防を期待してのこと。でも、その肝心な感染予防については、はっきりとほとんど期待できないと言っています。騙しでしょ。

ワクチンは今も武漢型対応です。抗体価上がるのはひと月、自然免疫も潰してしまうし、メリットはどこですか。打つ意味はないのです。

治験中ですからデータを集めたいだけでしょうね。もっと、大きな視点で見てほしいです。

コメント

  1. まーち より:

    打っても感染するし他人にも移すのだから
    打たなければ良いだけなのに なぜか打つ方を選択
    なぜなのか 打たない身には理解できず
    わかり合えないところです。

    • まりもまりも より:

      それです。なんででしょうね。
      効果ないし、免疫落ちてよくないって
      言うのに、打つんですね。
      わたしも、全然、理解できません。
      打ったらかかりやすくなる、持病は悪化するのに
      なんでそんなに打ちたいのか、謎です。

タイトルとURLをコピーしました