コロナは人災、同調圧力は犯罪行為

尼崎の長尾先生は、同調圧力に負けてワクチンを打たれたそうです。高齢者にもワクチン接種をされていたそうです。あまりに強い同調圧力に抗えなかったそうです。同調圧力、今となっては犯罪行為だと言われています。殺人にもなりますからね。

長尾先生は、ずっとワクチンに関しては中庸であり、反対という立場ではありませんでした。しかし反対派宣言をされましたね。今後は高齢者にも一切ワクチンを打たないと決められたそうです。コロナ後遺症よりもワクチン後遺症の方が多い。ワクチン後遺症を診てほしいとくる患者さんが後をたたないそうです。

20代30代40代といった若い世代の人に多い、悲しいですね。このワクチンは打ってはダメ、コロナに罹って治してといいます。不安な方はイベルメクチン、個人輸入ですぐに買ってください。常備しておいて、おかしいと思ったらすぐに飲んでください。それで大丈夫。かなり適当に飲んでも平気です。

ワクチンの犠牲者は、公表されているのは、氷山の一角、死者、重篤者、何万人もいるようです。元気だったのにワクチン1回目から動けなくなった、本末転倒です。病気を予防するためのもので、健康な人が動けなくなる?ワクチンではないです。即刻中止の代物です。

現場の医師の言葉です。こんなに貴重なものはありません。国は完全無視です。これは世界中の何か息のかかった国はどこも同じ現象です。国家ぐるみで、国民を騙し、偏向報道で印象操作をし、金品までつけて、あからさまにワクチンに誘導しています。

コビット19のウイルスの現物が見つかっていないらしい、何を言っているのかよくわかりませんね。コビット19のウイルスを見た人がいないというのです。見つかってないからの遺伝子ワクチンです。

本来ワクチンは実存する病原体を使って作るものです。見つけた病原体を無毒化したり弱毒化してつくります。でも、新型コロナはウイルスが見つかっていない、存在していないので作れないのです。それで、遺伝子ワクチンなるものを作った?ないものの為のワクチン?

じゃあ、交差免疫があるってどういうこと?コロナはコロナなのか?コロナウイルス自体は昔からあります。今回のコビット19とするウイルスはみつかっていない。わたしも理解が追いついていません。コロナの一種ではあるってことだけれど、自然界にはいないものなのかな。

人工的に作られたウイルス?ウイルスと呼べるのか?作られたものとすれば、世界の最新最高技術の粋をあつめたものなのでしょうから、凡人のわたしに知るよしもありません。情報もいろいろなので確定もできません。想像の話です。

今回、スパイクタンパクを作るメッセージを入れ込んだワクチンということ、しかも、このスパイクタンパクにこそ毒がある、ワクチンの毒性は無いか弱いはず、ここにも矛盾があります。おかしなことばかりなのです。

毒であるワクチンのためのインチキPCR、コロナ患者の大幅水増し。怖い伝染病であるかの情報操作。そして、執拗なワクチン誘導。ワクチンの有害事象の恐ろしいまでの隠蔽。ワクチンで亡くなられた方に、名乗るなと脅迫の電話がかかっているそうです。誰も出てこれないのですね。

ワクチンという名の毒、まだ打ちたいですか?世界中で大規模なデモが起こっています。当然、報道はされません。戦うべき相手はワクチンを打つ打たないと言っている隣人ではありませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました