ギブス外れた

昨日、骨折して、3週間と2日、ギブスが外れました。やった‼️そんなズレもなく順調そうでした。これからはどんどん動かしてって話、まだ体重かけるのはダメだけど。

見た目は少し腫れてて、青あざがところどころ、痛みはほとんどなし。救急と合わせて毎食後17日分のロキソニンのジェネリック薬と胃薬が処方されました。

ロキソニンには痛み止めだけでなく、消炎効果もあるので、なるべく飲むように言われたけれど、トータル10回。胃が悪くなるし、痛くないので飲む気がせずでした。

それよりエキナセアとたっぷりのビタミンCでいいかなと勝手に飲んでいました。ビタミンCは鎮痛も消炎効果もあります。1000mgを気がつけば飲むという感じで頻繁に飲みました。

救急の先生、ここはくっつきにくい場所で、筋肉動かしてもズレてくるし、どっちみちズレたら手術です。どこをどうすればズレるのかわからないし、怖がらせてくれました。

若い先生だったので、腕磨き、手術がしたかったのかもです、、、多分、わたしの場合、とても簡単な手術だったと思うから。なんて想像してしまうよ。

ラッキーだったのはすぐに腓骨で保存治療の人が経過報告しているのをSNSで見つけられたこと。見ず知らずの人にあれこれ聞いてしまった。。。親切に教えてくれました。

それと腓骨の遠位端骨折の例をあげて、保存治療されてる整形外科の先生のブログになぜか行き着いたこと。わたしのは保存適用になっていました。見解はいろいろです。

娘にも知り合いの整形外科の先生にレントゲン写真を見せて聞いてもらって、その方は転位(ズレ)もないし保存をすすめるって言ってもらったこと。

手術の心配を感じながらも、心強かったです。感謝です。ありがとうございます。

ほんとによかったです。16センチ?切って、プレート埋め込んで、また1年後に埋めたプレート出すって、傷はできるし、術後は麻酔がきれて2日くらい激痛、切った後の消毒とかも恐ろしく痛い、子供の頃、虫垂炎をして翌日の消毒が激烈に痛かったのです。臆病でよかったです。

ハイハイって普通は言って、手術の段取り組まれて、即入院ってなってたかもしれません。即決せずに、調べるって大事。

世の中、せわしいんだね。じっと寝かせておけば、治るのに、少し早く治るからって、放置で治りそうなものまで手術を勧められる。患者側が望むのかな。

子供が風邪ひいて熱を出して病院に連れてったら、数日寝かせておけば治るって言われて抗生剤も出されず、その時はえ?って思ったけど、早く早くがしみついてる。それくらいの余裕も許されない日本社会ってことかな。

学校もなるべく休んじゃダメでしょ。会社なんて、もっとダメ。病気になる人はいらんって風潮があります。も少し、おおらかで優しい社会がいい。成果主義や競争は苦手です。

ギブスは半分に切られて、シーネのようになりました。家ではつけずに、足を動かしてって言われました。来週は装具に変わるようです。これからリハビリが痛いですよと言われています。こわ、、、

まだしばらく、骨折生活、続きます。

コメント

  1. まーち より:

    暑い中大変でしたね 良かったです。
    病院側からしたら 一番治療費が高くなるものを
    チョイスしたいですよね 経営的に。
    全部お任せせず 自分の希望をしっかりと伝えるのは
    今後ますます大事になっていきますね。

    • まりもまりも より:

      ありがとうございます^^
      経営も考えてのことだったのでしょうか。
      総合病院でしたが、そういうことも
      言われているのかもですね。
      しっかり意見を持たないと、自分で自分を
      守らないとそんな世の中になってしまいましたね。

  2. お久しぶりのhoririnより より:

    わあー、嬉しい。よかったよかったです。骨折してから、よいお返事が来ることを祈り、待っておりました。このあとも無理をせず、完全完治まで落ちついてリハビリ頑張って下さいね。マスク外してきれいな空気を吸うと、空気にありがとうって言いたくなります。

    • まりもまりも より:

      お久しぶりです^^
      祈ってくださっていたとはありがとうございます。
      ブログを見てそうやって願ってくださった方の
      祈りの力をもらったなと感じています。
      ギブスが外れて、楽になりました。
      もう少し頑張ります。

タイトルとURLをコピーしました