コロナの心筋炎は4人、ワクチンの心筋炎は200人以上です

本当に腹立たしい限り、話題にするのも拒否反応を起こしそうです。元ワクチン大臣、黙っていて下さい。どれだけの人を騙して、あの世へ送るつもりですか?

コロナの心筋炎は重症だけど、ワクチンの心筋炎は確率的に小さくて軽症、治りますと言う。

軽症?病状が重いって人たくさんです。寝たきりやペースメーカーを入れたのかなって人もいるようです。以前、ニュースで見た大学生は、授業にも行けない状態だと話していました。それでも後悔はしていないと、ニュース用の発言。そんな学校にも行けない人もいます。仕事だってできないでしょう。

それから、死んだ人が生き返るの?治るってどういう意味だろう。それがワクチンの副反応に対する決まり文句なのかな。それしか使えないことになっているのかな。山中教授も治るって同じこと言ってたしね。

厚労省の副反応検討部会でワクチンによる心筋炎の症例が200件以上あり、38人の死亡疑い、うち6例は心筋炎とはっきり書いてあるそうです。

13歳の男の子もそうです。親御さんが、こんなことがあってはならない。ワクチンを中止して下さいと、議員さんにメールを送られていました。

正しい情報を発信して、このようなことが2度と起こらないようにというのが親御さんの願いです。政府がひた隠しにする、正しい情報、そこへ辿り着くのが、なんと難しいことか。自分のつながった情報で生死がきまることもあるのに。

報道は嘘ばかり。政府も嘘ばかり。

この議会の場でさえ、個人情報保護法を逆手に取り、発言を控えさせようとしています。ワクチンについて有害なことは発言させてはいけない通達でもあるのでしょうか。広報にも死者数、載せません。自分で調べないと、デメリットは何もわかりません。

若者の心筋炎は、世界中で危惧されている事案です。厚労省も12月3日の副反応検討部会で心筋炎を重大な副反応としてやっと認めました。心筋炎はワクチンの重大な副反応です。

それより前に厚労省が心筋炎に関するワクチン打て打てリーフレットを出していますが、これも数字マジック。実際コロナの心筋炎はこれまでにたったの4人、死亡は1人ですが、それも心筋炎で亡くなったのかは不明。ワクチンでは既に、200人以上、死亡も38人、それが、事実です。明らかにワクチンの方が多いです。

コロナに感染した場合、入院患者4798人中の心筋炎4人が、100万に換算、834人の心筋炎が出るので、ベネフィットが上回るという見解。実数で出しては全然ですから無理矢理な計算。心筋炎になったのは一番強かったアルファ株でなった、たったの4人です。

心筋炎を完璧に軽視する政治家
心筋炎を完璧に軽視する政治家

3回目のワクチン接種が進んでいます。声を上げる人も増えてきました。たくさんの人に届いて欲しいです。

コメント

  1. まーち より:

    まりも様と私は おそらく毎日ほぼ同じ動画を見て
    同じブログを読んでいそうですね。

    この元大臣は本当に困った人ですね。
    総理大臣に選出されなくて本当に良かったです。
    心臓の細胞は再生しないから 
    若い人の一生に どれだけ影響があるかと思うと
    恐ろしいです。

    • まりもまりも より:

      そうですね、北海道の医師団も、見た見たって思いました笑。

      同じ情報を共有する人が増えて、理解が進むといいですよね。
      若い人には残酷なワクチン、打ってほしくないです。

タイトルとURLをコピーしました