子どもを守るために出来ること

声をあげる人が出てきて嬉しいです。CBCニュースに続き読売新聞が子供へのワクチンを止めようっていう広告を出しています。これが多くの人の目に止まればと思います。ワクチンって普通は安全な物って思っています。危険性があることを知らない人も多いと思います。

息子が小さい頃、MMRワクチンで問題が起きて、危ないと聞いて小児科の先生に尋ねたことがあります。よくわかりませんが、問題になっているのとは違う作り方をしているワクチンなので大丈夫、しておいた方がいいよと言われ、安心して打ちましたが今のところ何もありません。

娘は薬害問題になっている子宮頚がんワクチンを接種しています。特に何も考えず学校から配られたので予約して接種、これも今のところ問題ありません。これまではワクチンに関しては恐ろしい病気から守ってくれる絶対しておいた方がいいものと思っていました。子供は2人ともほぼ全て接種済み優等生です。

しかし、今回だけは、、、人類初の遺伝子ワクチン、打つ前から、ざわざわ危険だよって情報があちこちででている、信じられない短期間での承認。未だ治験中、何が起こるか予想がつかないっていうのだから、打て打て、子供にも打てって理解できません。

このコロナのワクチンも、何年も経って、今のところ問題なしって言いたいです。あの時、あんなに大騒ぎしてって、笑い話にしたいです。でもそれがわかるのはずっと先です。

コロナでは20歳未満誰も亡くならず、誰も重篤化していません。でもワクチンでは1人亡くなり、34人が重篤化しています。ワクチンを打つデメリットのほうが大きいです。

読売新聞で広告を出しているのは岡山・倉敷新型コロナ感染対策市民審議会というところ。「子供たちへの新型コロナワクチン接種の停止を求めます」というものです。これはVoiceという署名と募金で応援しようというサイト、署名だけでもいいし、募金だけでもいい、両方で応援でもいいというシステム、に立ち上げています。

そして、泉大津市の南出市長が率いるこどもコロナプラットフォームも、【こどもへのワクチン勧奨停止】【正確な情報の提供】を政府に求め、コロナワクチンからこども達を守ろう、というのを立ち上げています。

こういう意見があって、危険性を訴えている人がいることを知って欲しい。ワクチンを打つと取り返しのつかない事になることもあることを知ってほしいです。

こちらから飛べますので、子どもを守るため署名しませんか。お願いします。

【9月30日〆切】子どもたちへの新型コロナワクチン接種の停止を求めます。
作成者:岡山・倉敷新型コロナ感染対策市民審議会
【こどもへのワクチン勧奨停止】【正確な情報の提供】を政府に求め、コロナワクチンからこども達を守ろう。
作成者:こどもコロナプラットフォーム

追記:9月7日10代後半の男性がコロナで亡くなりました。初めての10代の死者、基礎疾患あり、複数の重症化リスクを持っていたそうです。救急搬送された時に、既に重症化されていたそうです。今の風潮では病院にも行きづらい、早く診てもらっていればと、残念です。

追追記:9月8日の時事通信社の記事によると、この男性は新型コロナ以外の病状で搬送されて、病院に到着後の検査で感染が確認されたそうです。直接の死因はコロナではなかったのではないでしょうか。陽性反応の検査に疑問を感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました