もう、書くのやめようかと思いながらの

泉大津市の南出市長が新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージというのを発信しています。

ワクチンは現段階はまだ治験中であること、これからどんどん良い情報も悪い情報も出てくる、強制するものではないこと。受けない人に強要したり行動制限、同調圧力、差別はあってはならないこと。

ワクチンによる、感染予防効果、中長期的な人体への影響は明らかになっていない。

インフルエンザのワクチンと比較して副反応の数や死者数を出していました。対比でこのワクチンの危険性、異常性がよくわかります。

このワクチンを受けるにあたって、普通の情報ですが、テレビだけ見ている人には届かない情報です。国民に一番近いテレビではありませんが、これをきちんとお話して発信しているというだけで、とても感動してしまいました。どんだけ、おかしなことが展開されているのかって思う毎日です。

テレビを見ている人は安心してワクチンを打ちますって、そりゃそうでしょう。危険だって情報はだしません。情報統制なんて人ごとだと思っていました。現代の日本でもしているんですね。驚愕!

ワクチン打てば大丈夫、コロナになるともっと大変なことになるんでしょう。というのは、わたしは違うと思っています。ワクチンの方がおっかない、、、これに関してはシカ先生の動画を参考にされてください。JPSikaDoctor2チャンネル、JPSikaMDチャンネル、JPSikaCoronaチャンネル、JPSikaHonestyチャンネル、コロナに関してはこの4個のチャンネルがあります。検索しても出にくいようですが、見つけてください。

日本人はコロナで大変なことになっている諸外国とは状況も全然違います。死者数、重症者数、とても低い。なぜかってことで、日本人はなにかいいファクターXがあるとずっと言われてきました。

シカ先生はBCG接種による免疫と、東アジア季節性コロナによって免疫があるので大丈夫、とかねてからいわれています。BCGの裏付けとなる研究結果が海外のものですが、見つかりました。

それから、東京大学、京都大学、大阪大学からも、それを裏付けする心強い研究結果が出ています。政治に忖度せず、ちゃんと医学に向き合っている方々がいたことをとても嬉しく思いました。簡単にしか言えませんが、東京大学、京都大学からは日本人にはコロナに対する免疫が海外と違ってあるので、大丈夫。

それに加えて大阪大学からは、ADEをおこす抗体が見つかったという発表。感染増強抗体を持っている人は感染及びワクチンでADEをおこすということです。ワクチンでその感染増強抗体が作られてしまい、打つほどに増えて危険性が高まる可能性があるということです。

ちゃんと、研究して発表してくれていました。ワクチンへの危険性、自分の免疫を信じてと訴えていてくれているんです。と思っています。若い人へのワクチンはいらないと読めます。実名入りの日本の発表なのでフェイクニュースではないと思っています。京都大学は山中先生のチームです。素晴らしい研究者の方々、シカ先生、南出市長、感謝です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました