ノババックス?まだ打つつもり?

【大阪市立大学名誉教授 井上正康】ノババックスのワクチンについての見解
【大阪市立大学名誉教授 井上正康】ノババックスのワクチンについての見解 井上正康先生の近著❏新型コロナ騒動の正しい終わらせ方❏コロナとワクチンの...

ノババックスのワクチンは、組み替えたんぱくのワクチン、B型肝炎ワクチンなどに使われており、従来の手法で作られています。そして武田が国内で製造するということで期待している方も多いのではないでしょうか。

このワクチンがmRNAのかわりに最初に出ていたなら、打つ価値はあったかもしれません。しかし、今となっては打つ意味をわたしは見出せません。これも武漢型対応で、今のオミクロンへの効果もわかっていません。

接種後の心筋炎の報告もあり、未接種者群と比較して心疾患も多いです。スパイク自体が毒性を持ち血栓を作らせます。そして、抗体依存性感染増強、ADEを起こすリスクを増やしてしまいます。危険性がmRNAより低いだけで、なくなるわけではありません。

加えて気になるのは、ノババックスはアメリカの企業であり、日本よりもコロナ状況が悪いにもかかわらず、アメリカでは承認されていません。

ついでに言っておくと、モデルナを若い人には禁止としている国もあります。日本のワクチン推進派の考える国民の命の軽さよ。

日本は効き目も危険性もわかっていない、ワクチンを作った自国でも打たせない新たなワクチンの治験に参加です。組み替えたんぱくワクチン出来ましたって完成品と勘違いしてはいけない、なんのデータもないお試し品です。

治験参加のモルモットですよ?どんな健康被害が待っているかわかりません。3回目で打つ人には、交互接種です。その安全性も確認されていません。危険性も未知です。

mRNAワクチンが嫌な人に、またアレルギーがあって打てない人のためにということも言っていますが、強力なアジュバントが使われている様です。

初回接種としては子宮頚がんワクチンと同程度に危ない、追加接種としてはいきなり持病の悪化、ワクチン後遺症となる可能性が高いということです。

わたしの住む県は、詳しい友人によると、PCR検査のCt値は最高だとか?なるほど、感染者、コロナ死として数字を出し続けるためには、そうしないとね。

このPCR検査、正確に判定するのは難しい、素人が簡単に出来る代物ではないそうです。

かなり、熟練しないと擬陽性のてんこ盛り、そういうこともあって、保健所にこだわっていたらしいです。海外でやってたドライブスルー検査なんて、そう聞くといい加減な物だと思いました。

最高値で検査して、陽性が出たとして、何個のウイルスがいたのでしょうか?人が感染するにはある程度の数のウイルスが必要です。Ct値が最高値というのだから40を超えているとしたら、検査に意味はありません。

その中には感染していない人、感染していたとしてもうつす可能性のない人がたくさん含まれているからです。必要な数は感染していて、うつす可能性もある人だけ。何人になるか正確な数字を知りたいです。

それくらい、コロナのPCRってあてにならない検査。それでも、まだこの検査で感染者数として出して、コロナ死数を出してテレビで放送しています。もう全部デタラメでしょ。どこでコロナ患者がそんなに出ているのか教えてほしいです。

コメント

  1. まーち より:

    やっぱり変異するウィルスにはワクチンは無意味な気がします。
    ネット上では コロナはもう終わりで
    次は鳥フルだと言われていますね。
    そう言っておいて 実は違うのが来るかもとか
    予測がつかないです^^;
    免疫が弱くなった状態だと 何が来ても大変なことになりそうです。

    • まりもまりも より:

      なんでいつまでも武漢型なのかって思います。
      効かないだろーって。
      調べるほどにわからなくなりそうです。
      狂犬病やマールブルク病も言われていましたが
      どうなんでしょう。
      なんにせよ、自分の免疫を高めておくことが
      一番の得策だなと思います。

タイトルとURLをコピーしました