メディアは世論戦、心理戦の兵器として働いている

前のブログの動画で、ウクライナの詳細を語ってくださった丸谷さんの言葉。メディアは世論戦、心理戦の兵器として働く。もうこれを強烈に感じています。

テレビは、それ自体何もしてこないけれど、兵器。嘘を並べて世論を作り、心理的に追い込んでいく。日本人はみんなと一緒が好きなのだから、簡単です。

週刊誌にワクチン後遺症が出たり、ワクチンに異議を唱える有志の会が全国で立ち上がったり、海外はコロナ規制を解除へと進んでいるから、3回目も子どもへも、立ち止まる人が多いかなと思っていました。

ところが、テレビ兵器は凄いですね。うちの県でも、感染者を毎日、そして年代ごとに人数を言い、子供たちに打たなきゃと思わせています。

インチキPCRも信じているんですね。もう、何を言っても、無駄なのかって思いますが、マスクはできるだけ外して、チラシを配り、一人でもって思いです。

ファイザーから、有害事象報告が出てきていますが、酷いものです。子供に打たせるの?

コメント

  1. まーち より:

    そうなんですよね ワクチンを無理強いされて
    嫌々打った人は案外少なかったのかなって驚いています。
    以前から読んでいた 犬猫保護ブログを書いている人が
    「早く3回目を夫婦で打つのが目標です」と書いていて
    クラッとしてしまいました。
    自ら望んで打った人が多かったとは意外でした。
    皆 未知の薬剤が怖くないのか不思議です。
    私はとっても怖いです。

    • まりもまりも より:

      メディアを使ってそうなるように
      しくまれていますよね。
      2回目が終わった頃は3回目はって
      言っていた人もいつからか打ちたいって
      変わっていたり、ゲンナリします。
      どう伝えればヒットするのか、
      教えてほしいーーー(T_T)

タイトルとURLをコピーしました