「新型コロナウイルス感染症に関するワクチン」であって、「新型コロナウイルスのワクチン」ではありません

厚労省は、このワクチンのことを話すときに、新型コロナウイルス感染症に関するワクチンと言うそうです。新型コロナウイルス感染症に対するワクチンとか、新型コロナのワクチンとは絶対に言わないようです。それは、そう言えないから。

徳島大学の大橋先生、いつも分かりやすく解説してくださっています。今、この演説を聞くと、とても納得です。マスクやワクチン、必要ですか?子供を守るのは親です。

そして、ご一緒の時なんでしょうね。広島の竹本議員です。とても大事なことを話されています。全ては努力義務でしかない。会社や所属団体のルールよりも個人の人権の方が上だってこと。

今日は、叔母と用事で話しました。背中の骨にヒビ?が入ったらしく、少ししんどそうでした。ワクチン3回目は打たない方がいいよと言うと、孫のお世話ができなくなるから、自分がうつしたら大変なことになるからって。

孫にもうたせたらダメって言いましたが、お嫁さんが決めることだから口出しするつもりはないと言っていました。そうでしょうね。当然、私のいとこにあたるその叔母の息子もワクチン2回接種済。コロナにも罹ったそう。そうなのか、、、

電話なので、やっぱり伝えにくい、オミクロンは弱毒、子供が罹ってもたいしたことはないし、大丈夫だから、イベルメクチンあげるからって言ったのですが、どうかなぁ。今度持って行こう。

3回目打っても、効くのは少しで、その後、効かなくなるし免疫が弱って他の病気に罹りやすくなるからっていうと、そこには少し気持ちがいったようでした。元気でいてほしい。

コメント

  1. まーち より:

    枠後の副反応の出方が色々ありすぎて
    困りますよね 特定が難しくて。

    • まりもまりも より:

      時間が経つと、ますます分からないですね。高齢の方は年のせいになりそうです。ワクチンの副反応、曲者。とても考えられています。優秀な人が作っているのでしょうね。特定は本人すら勘だのみかも。でも、何が起ころうが、ワクチンとの因果関係は認められそうにありませんから、打たないのが一番ですよね。

タイトルとURLをコピーしました