今、コロナ対策で物議を醸しているスウェーデンですが、虫歯、歯周病予防に関しては世界一です。真似したい。スウェーデンでは20歳までは歯科にかかっても無料です。子供の頃から、徹底的に虫歯予防のために指導をされます。かつて1970年代はスウェーデン人は、無類の甘いもの好きということもあり、虫歯が深刻でした。そこで、大改革が行われ、予防重視へと変わっていきました。日本人の定期検診が10%に対して、スウエーデン人は80%です。80代の人の歯も白く、20本以上残っています。私より全然綺麗かも苦笑。

なんと言っても予防が大事。日本では歯が痛いとか歯茎が腫れてきたとか、悪くなってから、歯医者さんに行きます。意識高めの人は歯石取りに半年に一回とか聞きますが、大抵の人は時間もかかる歯医者、忙しい日本人、行かないのではないでしょうか。日本では病院は調子悪くなってから行くもの、治療のための場所と言うイメージがあります。ほんと、思うけど、もっと予防医学、浸透させればいいのに。医学部そういうことも教えたらいいのにね。おおかたの病院の先生、薬出して終わり。国の保険の費用だって減るよー。何にしても、悪くなってしまうと、なかなか元通りには治らない、歯なんて下手したら無くなってしまいます。自分の歯で、ご飯を食べている人は、そうでない人より健康そうだし、若々しい。

最近の子供達、固いものをあまり食べないので、顎が小さく、歯並びが悪い子が多いです。子供達が中高生の頃、矯正している子がよく目につきました。あの学校のお母さん達も意識高めだったなぁ。私も悪いので、歯磨きが難しいです。まだ乳歯が生えているところに永久歯が次々生えてきて、気付いた母が慌てて抜歯のために病院へ、抜いた後、麻酔のついたガーゼを噛まされ、少し時間置いて、うどんを食べて帰るのですが、味があんまりしませんでした。どうでもいいか、そんなわけで、前歯の後ろにも歯がある、苦笑。まあ、一見わからんのでいいです。スウエーデンだと矯正も20歳まで無料✨

定期的に歯医者に行き歯石を取り除くことと、歯磨きの仕方がミソ。フッ素入りの歯磨き粉を歯ブラシに2センチつけて、2分前後、満遍なく丁寧に優しく洗い、その後、口はゆすがない。ペッと歯磨き粉を出しておしまいです。最初は気持ち悪いかもしれませんが、そのうち慣れます。どうしてもって言う人はフッ素を取りきらないように一回だけ軽くすすぎます。日本では高濃度フッ素配合1450ppmって言うのがいいようです。そして、その後2時間、少なくとも30分は飲食をせずにいます。歯は大切にしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました