庭に植えたら、あかんやつ

九州地方が梅雨入りしました。これから雨、そして一雨ごとに庭の雑草が伸びる。主な庭仕事が花の世話じゃなく雑草抜きになっていませんかって何かでみたけど、その通りです😥いろいろな雑草もさることながら、いつからか、ヨモギが生えて、ヨモギって半端なく強い。もう負けっぱなし、抜いても抜いても生えてくる。

せっかくの無農薬のヨモギ、もったいないと思うのか食べたらっていう主人。なんか人ごと。この量のヨモギを?昔、天ぷらにして食べてた事もあったけど、そうたくさん使えない。と言うより今やもう油で揚げる料理が面倒。揚げ物は断捨離したい。あーヨモギで足湯でもしようか?

それともう一つ、ヒメツルソバ。金平糖のようで可愛い花を付けるのですが、鬼のように広がる、とても生命力の強い草です。あえてグランドカバーにすると言うならいいと思います。15年くらい前にガーデニングが趣味の仲良くなった人に頂いた、ほんの少しの可愛いかったヒメツルソバが、あれよあれよと広がり、今やお隣にも侵食しています。家の外でも至るところで、野生化した感じでうっそうと生えているのをみかけます。か、かわいくない…

そして実家で悩まされているのがどくだみ茶が出来ると聞いて植えたどくだみと、可愛いからとつくしを植えて、後に出てくるスギナ。もう手に負えません。どちらも母が植えたのですが、どくだみは知らなかったにせよ、つくしは想像つくと思うのですが、その行為が謎です。

どれも地下茎で伸びていくようで、根っこが長〜いのです。今年も思いっきり抜いてますが、きっとへこたれずに生えてくるんだろうな。

そのたくましさ、しぶとさ、見習いたい。わけて欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました