段ボールコンポストは面白い

今年のはじめに、段ボールコンポストの土を寝かせるために畑の一角に穴を掘って埋めました。随分前にその土から、何か芽が出て植物が生えていました。雑草ではなさそう、見た事はあるし、コンポストの土から芽が出ることはよくあるので、何か野菜かな?と思っていました。去年は何かわからないけど立派な植物が出てきて、花が咲くまで見届けようと待っていたら、ブルーサルビアのような、トラノオのような花が咲きました。チアシードでした。初めて見ました。コンポストの中はびっくり箱みたいです。

最近、コンポストに残っていたカボチャの種からこれまた葉っぱが茂ってきて、そう言えばいっぱい出ていた、あの植物が無くなっている。枯れたのかなぁー、よく見ていると、じゃが芋らしき物が土から顔を出している。

例の植物はじゃが芋だったんですね。カボチャをよけながら、もしかしてと掘ってみると、次から次へとお芋さんが出てきました。

いや、皮しか捨ててないのにーどんだけ厚く皮剥いでるんって、思いました😓さすが私💦大きいもので、少し小さめのお芋ってくらいですが、想定外の収穫なので、なんでもいい笑
洗ったらこんな感じ。枯れずに一本だけ残っていたので、それも撮ってみました。皮がついているのが見えます。未熟な芋や、緑色した芋は毒素があるかもしれないと言うので、あんまり小さいのは刻んで、またコンポスト行きに。そして、ベークドポテトを作りました🤗
美味しかったです。皮だけで、こんなに出来るということは、ちゃんと種芋を植えたら、大きなじゃが芋ができるってこと?凄い!段ボールコンポストの堆肥力。カボチャが花をつけて咲いているんだけど、あれもカボチャの実がなったりしないかなぁ笑。期待してみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました