水瓶座流星群だったのかな

ここ数日の間に、ウォーキング中に流れ星を2回見ました⭐️珍しいこともあるもんだなぁーと思って、調べてみると、4月19日から5月28日までが水瓶座流星群で5月6日がピークだったようです。流星群って何回もあるんですね。

流星と言っても星ではないんです。流星群の元になるものは彗星が地球の公転軌道上にばら撒いた数ミリから数センチのチリです。そのチリがとてつもなく高速で地球にぶつかり、地球大気の原子と衝突してプラズマ化され発光現象が起こります。それを私たちは流星と呼んでいるそうです。たった数ミリのものが100キロメートルくらい離れた地上で美しく光って見える。ロマンというか神秘的というか。流れ星を見ると宇宙からの贈り物のように思えて嬉しくなります。

子供の頃よく、流れ星が光っているうちに願い事をすると叶うって聞きました。いまだかつてちゃんと、光っている間に願い事を言えた試しがありません。そもそもあの一瞬で、不可能でしょと思っていました。でも、そう言われるには理由があるんです。日頃から、自分の願いを真剣に、考えに考え抜いて、常に頭に置き、その流れ星が光っている一瞬にでも願いが言えるくらいになる。そこまでくると、その願いに基づいた生き方をしている。必然的に叶うというわけです。自分の願いって、何だろう。この機会にじっくり考えてみようかなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました