クリスマスローズ

クリスマスローズは長い期間楽しめる花で、冬から咲き始めまだ咲いています。地味可愛いというかシックというか好きです。

来年の花をたくさん咲かせる為には、そろそろ、いやもう遅いかもですが、花と古い硬い葉を切った方がいいらしいです。茎を根元から3〜4cmのところで切ります。雨で土が跳ね上がったりした時に、ばい菌が入らないようにするため少し茎を残します。

私は種を取ってみたいので、種が出来つつある花をいくつか残しました。お茶を煮出す時に使うお茶パックの袋を花にかぶせて種がはじけて落ちないようにホッチキスで留めました。

人と同じで親花と同じ花は咲かないらしいです。そこが魅力で自分で交配する人もいるようです。自分だけの花が作れるのかな。もう何年も前にいくつか植えました。勝手に交配されて、こぼれ種で増えていますが、確かに、微妙にどの花も違います。不思議です。今年はそれを知ったのでダブルの花を植えてみました。色々違ったのを買ってきて植えると楽しそうです。種から育てられて、どんな花が咲くかわからない、育てて咲かせてみたいです。

切った花は切り口を熱湯に1〜2分つけたあと、いけると長持ちします。熱湯に細胞が驚いて開き水の吸収を良くするそうです。
ブログランキング・にほんブログ村へ 応援よろしくお願いします😊😊😊
スポンサーリンク
きょうもしあわせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました